スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を超えた贈り物。

07-28,2015


わたしが中学から高校の時、
当時一世風靡していた青山のグラマラスというショップの
"Naoko Ushiro"というリメイクブランドがあった。



雑誌に掲載されない月はなかったし、芸能人やアーティストもこぞって
Naoko Ushiroの服を着ていた、
知る人ぞ知る、時のデザイナー。



奈良に住む田舎者の私には、東京の有名ショップに行く知恵もお金もなかったので
雑誌の発売日に問い合わせしては商品を送ってもらったりしていた。
どこにいてもなにかしら手に入るいまと違ってあの頃はネットショップとかもなかったので
手に入れた時の感動も格別だったな。
あの、ファッションが本当に宝物だった時の気持ちを思い出す。









-----------------------------------------------------------------




高校を卒業してファッションの専門学校に行ったけれど、
”義務化”したファッションを自由人の私は昔のように楽しめなくなってきていた。
会社に入るとますますそれは進んでしまって、私は特にずっと企画とデザインだったので
内部に入ることで見たくないファッションの裏を知ってしまったり、
仕事がしんどかったり。
流行に流され破棄されていく流れ作業、当然自分の好きなモノと売れるモノは違っていて
デザインとは名ばかりで”売れる”デザインを作り続ける、きっと私の代わりはいくらでもいて、
ただ流行の駒になるための仕事。これは一体何のためにあるものなのだろう?
そんなことを考えるうちに、私はファッションというものに対する自分の気持ちがよくわからなくなっていた。
高校生の時ただの自己表現だったファッションは、
いつしか仕事をするためのものであり、誰かに評価されるためのものに変わっていた。
”ファッションが好きだ”と言う身近な人にいつも”?”クエスチョンが湧いた。



好きってなに?
ファッションが好きってどういう意味だろう?



ビジネスライクに関わることが当たり前すぎて、
そんなことすらも、もはやわからなくなっていた。




2年前にエシカルファッションと携わることに決めた時も、
ファッションが好きだからという気持ちではなかった。
社会貢献的なことをしたいと思った時に、
ただ私はこの仕事しかしたことがなかったから、他に思いつかなかっただけだった。







--------------------------------------------------------------------------------------------------







そんな風にファッションに対してやや後ろ向きだった私も30歳を超えて、
ようやく少しづつ楽しさを思い出して来て、デザインはどんどん楽しくなってきて、
ファストファッションで済まさずに自分の好きな服を選んで楽しめるようになってきた。




そしてふと偶然、"Naoko Ushiro"さんの現在の活動を知った。
実は"Naoko Ushiro"はあの一世風靡の時代、突然消滅して、
それからはどれだけ探しても情報が出てくることがなかった。
それが、去年あたりから活動されているとのこと。

Naokoさんの作る作品は独特で、絶対にNaokoさん以外に作れなくて、作品自体がNaokoさんだった。
そして、新しい作品もやっぱり、当時と変わらない、
ドキドキとワクワクをたくさんくれた、私の宝物だったNaokoさんだった。
もう15年くらい経つのに当時とまったく変わらない
Naokoさんの作品を見て、


この人は本当にカッコイイなぁと思った。



ただ本当に自分の好きなものを作っている、というとてもシンプルな世界。
シンプルだけど、それがものづくりの本質であり、
人を魅了するデザイナーの条件だと思う。
そんな当たり前の大切なことを、Naokoさんの洋服を見て、思い出すことが出来た。




そして私は社会貢献を啓蒙する人ではなく、Naokoさんのようになりたいと強く思った。











20150312_040ce2.jpg








スポンサーサイト

儚い糸のタペストリー

05-23,2015

久しぶりに家で1人でゆっくりする夜、パソコンで垂れ流しているiTunesのmixを止めて外から聞こえる音に耳を傾けてみる。


虫の声、風の音、自然の奏でる音楽も
それはそれは美しい。
家の前の大自然にはかなりの虫がいるようだけれど、彼らは何を思って一晩中鳴き続けるんだろう。
そういえばさっきピヨちゃんたちが私にむかって目をひんむいてビービービービー泣き喚いていたけど何言ってるのか全く意味不明だった。
違う生物とわかり合うことは難しいのかもしれない。
こんなに愛しているのにな・・・。


よく考えれば言葉を交わすことの出来る人間でさえ、他の人の考えていることはよくわからない。そりゃぁ、人ってやつはたまに他人のことをわかったふりをするけれど、それが本当にわかっているのかだなんて死ぬまでわかりっこないんだよ。だって自分以外の人にはなれないんだもの。
だから、人のことなんてよくわからないままでいいんじゃないかしら。
大事なのは、お互いに分かり合えないことを「わかりあう」ことじゃないかしら。







人の評価はいつでも水のように流れていって、諸行無常の名の通り、常に変化していく。
昨日愛してるといってきた人が
今日他人になることだってあるし、
嫌い合っていた人が大親友になっちゃうこともある。
人の気持ちはわかならいし私の思い通りになんてできない。
だから、人のことは気にはなるけれど、基準にはしないでおく。
基準はいつも自分の心に。
どんな選択をするときも、自分のしたいことを優先にする。感じるままに動き、心を大切にする。
刹那的な感情を元に行動すると
周りの人には意味がわからないと思われることもあるかもしれないけれど、
それは、私が私に与えた一番の自由。
だからそれと全く同じように他人の自由も認めたいと思う。

もし私の愛する人が
私を愛してくれても、
私のいない世界を楽しんでくれても、
私を嫌いになっても、
私は変わらず愛したい。








お互いに自立し、自由を認め合えば
私と誰かの人間関係は
ある日突然プツッと切れるような案外儚い糸で繋がれることになるのかもしれない。
でもそれでもいいって思えるくらい、後悔のないように自分と目の前の人を大切に生きていたいと思う。





今日も周りの人に感謝。
















"衝動"

04-15,2015

love.jpg







世界はいつも動いている。



さっきと同じものは、もう今この瞬間にはない。


すごく調子の良いとき、
たとえば
仕事がうまく行った時、
ライブに行って爆音を聞いて踊っている時、
好きな人と一緒にいる時、
心が震える本に出会った時、
デザインや絵を描いている時、

世界は一瞬のきらめきの連続でできているのだという感覚を掴むことが出来ることがある。
もう二度と経験できない瞬間たちの知覚。





twitterに、フリカエッターというアプリがある。昔のつぶやきから順に遡れる機能。
面白そうなのでそれで自分のつぶやきを見てみたら一番上の方に来たのは
2013年10月のMathew Jonsonのライブのつぶやきだった。
めちゃくちゃよかったらしく、今年ベストライブはKraftwerkかMathewかやなとか言ってたわりに
翌月の11月、System7×ROVOのライブに
さらにめちゃくちゃ感動したらしく、こんなライブにはもう会えないかもって何回もつぶやいていた。
この時、確かに一瞬のきらめきを掴んでいたという”記憶”はあるけれど
結局その瞬間に感じた感覚って時が経てば忘れてしまって
残るのは「すっごくよかった」っていうぼんやりとした感覚でしかない。
そして日常に「すっごくよかった」が溢れている私はすぐに忘れちゃうので、
忘れて、感じて、忘れて、感じて、を繰り返す。いろんなこと。





忘れることをわかっているから今を大切にする。
それは宇宙のパラドックス。
自分を受け取ってもらう瞬間も、相手を受け取る瞬間も、
快感はいつも自分以外の存在と”繋がる”ことにある。
そう、私はいろんな人や世界と繋がりたくてたまらないし、繋がることが最もピュアな快感でもあるのだ。
いや、むしろ繋がりたい衝動が全てを動かしているような気さえする。
私だけじゃなくて、きっと世界も。
仕事、読書、音楽、自己表現、喧嘩や戦争すらも
全て表現方法が違うだけで、
みんな、欲しいものは繋がっている感覚、じゃないかしら?



自分というフィルターを通して世界と繋がるために
人は作品を生み出すし
恋をするし
遊ぶし
喧嘩するし
いじけるし。






こないだ読んだ本に地球は”せつない星だ”って書いてた。
こんな表現をする人、美しくて好き。
終わりがあるものは幸せだし美しいし悲しいしせつない。
生きるってロマンティックだね。

















東京日和

03-06,2015

ソーシャルプロダクツアワードの表彰式他もろもろの打ち合わせで東京に行ってきました^^



11021161_10200211523448127_3943950571479523950_n.jpg

久々のメンバーに再会~✨
Phuhiepの大野さんと、ヴィーガニーの竹迫さんと、ポレポレの高橋さんと。
受賞のあいさつ聞いてたらみなさん心が美しすぎて、
なんかドキドキしました。

わたし、ここにいてだいじょうぶかしら。
そんなに心キレイじゃないですけど。なんてw




授賞式のあとは懇親会もあって、たくさんの素敵な方々とお知り合いになれました。
出会いに感謝😃
みなさまありがとうございました~😊😊😊




そのほかの打ち合わせで新しい企画やイベントもたくさん。
その中で仲良しのライターさんと
記事にしろデザインにしろ絵にしろ、
頭の中にあるイメージを形にする最初の一歩が一番大変だよね、
という話で盛り上がったのが印象的。

スポーツとかゲームとかでもそうじゃない?
コツを掴むまでの最初が一番難しくない?
めっちゃ楽しくなってきたり、乗ってくるのって途中からじゃない?
みんなどうなんだろ⁉️


色んなタイプの人がいるんだろうけど、
私にとっては、
1を10に膨らますよりも、0から1をつくることの方が、
そこにあるものを広げることよりも、ないものを形にすることの方がエネルギー使う!
でも、だからこそ達成感が半端ないし、一番楽しい。
生み出すことのたまらない快感、それがいい。
ファッションもイラストも記事も自分の作品はぜんぶ自分の子供で、
生み出し続けることで私は生きているって感じることができる。
魂を売って仕事していた時はこんなこと全く感じられなかったよね。
毎日毎日お酒飲んで週末はクラブ行って、そんな生活も楽しかったけど
いつもどこか満たされなくて、遊んでいる時は楽しいけど一人になった時の
孤独は拭いされなかった。
きっと人って何かを生み出したい生き物で、生み出さなきゃ自分に価値を感じられないんだと思う。



エシカルファッションっていうまだまだ確立されていないジャンルのクリエイターを
仕事に選んだのも、
私たちはきっと生み出すことの快感に取り憑かれているに
ちがいない。と思ったのでした。


色々な人とお知り合いになれて、
仕事も増えてきて、アイデアは日々溢れてとまらない状態で、
今仕事がほんとに楽しいです。
生みの苦しみはようやく抜けたかな。抜けた・・・よね・・・
抜けたって言って!笑




というわけで、えっと、何が言いたかったんだっけ?
あ、東京楽しかったよ!っていうことですね笑



もう春はすぐそこ。
3月は皆既日食やら春分やらが続いてチャクラな人々(大宮エリーさん語。スピリチュアルな人々の意。)
がマジでヤバイと声を揃えて言っているので超楽しみにしています。
あげあげでいきましょう☆



ではまた!








本日の雑感

02-12,2015

今日はご新規の取引先さんと、久々に
うちの商品に使用している新万葉染めでお世話になっているカワバタプリントさんに
取材でお話を聞きに行ってきました。


改めて社長さんの素晴らしい志を聞いていると、
一緒にお仕事させていただいて本当に嬉しいなぁ~と思います。
そして同じ価値観でそれを素晴らしいことだと感じられる取引先さんも本当にありがたくてたまりません✨✨
(この社長さんのインタビューは追って公開されます♩お楽しみに!)
同業者で意見交換し合うと、
いまある素材の新しい可能性やエシカルファッションとしての課題も見えて、
とてもワクワクする!😊やる気満タン✨



オーガニックだったり、天然のものを扱う仕事をする人が
どうしてその仕事をするようになったか、という経緯を聞くことはとても面白い。
もう仕事を一緒にさせていただいて2年になりそうだけれど、
社長さんの経緯を実は初めて聞いて、そしてやはりとても面白かった。
同時に自分がどうしてこの仕事を選んだのかを思い出して、
身が引き締まる思いをした。





もうすぐ5年目になる、東日本大震災。
あの時、なにか貢献したい、助けになりたい、と感じた人は少なくないはずだ。
私もそうで、何か出来ることはあるだろうか、とずーっと考えていた。
でも何かしなきゃと思うほど自分も苦しくなる。
そしてすべてから逃げ出したくなる。
その時に強く感じた。


社会貢献は義務じゃだめなんだ。
そこに自分と関わる人のHappyがないと続かないんだ。


今、地球も人も色々な場所で悲鳴を上げている。それは多くの人が知っていることだろうと思う。
でもそれをネガティブに警告しても人は嫌な思いはすぐに忘れてしまう生き物なので、
それでは変化はあまり進まないだろう。
今の状況に変化を起こそうとするなら、
それは間違いなく
すぐに忘れてしまうよくないと思うものを取り除くことや警告からではなく
人を幸せにしようとする気持ちから始まっていく。
つまり、JOYやHappyを人と共有することから始まるのだ。
それはゆっくり、そして優しく人の日常に浸透していくことだろう。
社会貢献がしなければならないことではなく、
人の日常の幸せの中にあるものになれば
頑張ろうとしなくても世界は自然に変わっていく。



その面で、エシカルファッションという存在の可能性は無限大だと思うし
この仕事に関われていることが本当に幸せでありがたい✨✨
まだまだマイノリティな存在だけれど
そのぶん可能性に満ちているし気分は新大陸を探しているコロンブスです!笑
確かにそこにある希望の大陸を手探りで見つけていく、
毎日がわくわくの大冒険~(なんちゃって)








今日はこんなことを書き留めておこうと思いました。
みなさんと幸せをたくさん共有できますように!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。