スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を超えた贈り物。

07-28,2015


わたしが中学から高校の時、
当時一世風靡していた青山のグラマラスというショップの
"Naoko Ushiro"というリメイクブランドがあった。



雑誌に掲載されない月はなかったし、芸能人やアーティストもこぞって
Naoko Ushiroの服を着ていた、
知る人ぞ知る、時のデザイナー。



奈良に住む田舎者の私には、東京の有名ショップに行く知恵もお金もなかったので
雑誌の発売日に問い合わせしては商品を送ってもらったりしていた。
どこにいてもなにかしら手に入るいまと違ってあの頃はネットショップとかもなかったので
手に入れた時の感動も格別だったな。
あの、ファッションが本当に宝物だった時の気持ちを思い出す。









-----------------------------------------------------------------




高校を卒業してファッションの専門学校に行ったけれど、
”義務化”したファッションを自由人の私は昔のように楽しめなくなってきていた。
会社に入るとますますそれは進んでしまって、私は特にずっと企画とデザインだったので
内部に入ることで見たくないファッションの裏を知ってしまったり、
仕事がしんどかったり。
流行に流され破棄されていく流れ作業、当然自分の好きなモノと売れるモノは違っていて
デザインとは名ばかりで”売れる”デザインを作り続ける、きっと私の代わりはいくらでもいて、
ただ流行の駒になるための仕事。これは一体何のためにあるものなのだろう?
そんなことを考えるうちに、私はファッションというものに対する自分の気持ちがよくわからなくなっていた。
高校生の時ただの自己表現だったファッションは、
いつしか仕事をするためのものであり、誰かに評価されるためのものに変わっていた。
”ファッションが好きだ”と言う身近な人にいつも”?”クエスチョンが湧いた。



好きってなに?
ファッションが好きってどういう意味だろう?



ビジネスライクに関わることが当たり前すぎて、
そんなことすらも、もはやわからなくなっていた。




2年前にエシカルファッションと携わることに決めた時も、
ファッションが好きだからという気持ちではなかった。
社会貢献的なことをしたいと思った時に、
ただ私はこの仕事しかしたことがなかったから、他に思いつかなかっただけだった。







--------------------------------------------------------------------------------------------------







そんな風にファッションに対してやや後ろ向きだった私も30歳を超えて、
ようやく少しづつ楽しさを思い出して来て、デザインはどんどん楽しくなってきて、
ファストファッションで済まさずに自分の好きな服を選んで楽しめるようになってきた。




そしてふと偶然、"Naoko Ushiro"さんの現在の活動を知った。
実は"Naoko Ushiro"はあの一世風靡の時代、突然消滅して、
それからはどれだけ探しても情報が出てくることがなかった。
それが、去年あたりから活動されているとのこと。

Naokoさんの作る作品は独特で、絶対にNaokoさん以外に作れなくて、作品自体がNaokoさんだった。
そして、新しい作品もやっぱり、当時と変わらない、
ドキドキとワクワクをたくさんくれた、私の宝物だったNaokoさんだった。
もう15年くらい経つのに当時とまったく変わらない
Naokoさんの作品を見て、


この人は本当にカッコイイなぁと思った。



ただ本当に自分の好きなものを作っている、というとてもシンプルな世界。
シンプルだけど、それがものづくりの本質であり、
人を魅了するデザイナーの条件だと思う。
そんな当たり前の大切なことを、Naokoさんの洋服を見て、思い出すことが出来た。




そして私は社会貢献を啓蒙する人ではなく、Naokoさんのようになりたいと強く思った。











20150312_040ce2.jpg








スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。